中国政府奨学金奨学生に採用され中国で留学生になる方法

【締め切られました】2017年1月末募集締め切り!学費、寮費が免除、毎月4万5000円の生活費が支給される中国政府奨学金に挑戦

中国政府奨学金の保険について

※この情報は2017年10月の内容です。また、留学先大学、留学期間等によって、保険内容が変わる場合が大いにあります。

中国政府奨学金奨学生は自動的に留学生保険の加入対象となります。

保険料についても中国政府から負担していただけます。

保険についての公式サイトは以下になっています。

留学保险网

http://www.lxbx.net/

保険加入者にはこのようなカードが有るようですが、学生個人に渡されないことが多いようです。

f:id:kijmu:20171001224843j:plain

カードには24時間繋がる問い合わせの電話番号が書かれています。

また、表面にあるQRコードをwechatで読み込むと、以下の留学生保険の公式アカウントをフォローすることが出来ます。

f:id:kijmu:20171001224744j:plain

こちらの公式アカウントを通じて、パスポート番号をもとにログインすることで、加入内容を確認することも出来ました。

 

2種類の保険タイプ

保険タイプには、『方案一』と『方案ニ』という、2つのタイプがありました。それぞれの内容及び請求方法について、公式サイトには日本語訳も掲載されており、理解しやすくなっています。

以下、それぞれのタイプについて簡単に掲載します。詳細はリンク先の公式サイトをご確認下さい。

保険タイプ① 方案一

ほとんどの留学生がこちらの保険タイプだと思われます。

f:id:kijmu:20171001184632j:plain

 

『方案一 保険内容についての説明・日本語文』

http://www.lxbx.net/tbzn/coverage1-j.html

『方案一 保険請求についての説明・日本語文』

http://www.lxbx.net/lpsm/claims1-j.html

 

保険タイプ②方案ニ

f:id:kijmu:20171001184641j:plain

 

『方案二 保険内容についての説明・日本語文』

http://www.lxbx.net/tbzn/coverage2.1-j.html

『方案二 保険請求についての説明・日本語文』

http://www.lxbx.net/lpsm/claims2.1-j.html

 

最後に

以上、ここまで書いておいてなんですが、奨学生向けのこちらの保険は正直に言うと、『あまり使えない』です。

免責金額が高いことや、大学によっては職員がこの保険についてあまり理解していない場合も多く、最悪、保険が使えると思って先払いで治療を受けたあとに、保険対象外で自腹になってしまったということもあり得るかもしれません。

不安な場合は日本で海外留学保険に加入しておくほうが、病院によってはキャッシュレス診療も受けることが出来るためより安心です。

奨学金のうち、生活費はどのように支給されるのか

中国政府奨学金奨学生では学費、寮費が免除され、尚且つ毎月生活費が奨学生に支給されます。

ブログ主の場合は碩士研究生だったため、毎月3000元が生活費として支給されていました。

 

この生活費は毎月奨学生の銀行口座に振込という形で支給されました。

奨学生が中国に到着し大学に入学した後、中国国内の銀行口座を作る旨、留学生センターより指示を受けます。ブログ主の場合は中国銀行に口座を作成しました。

 

銀行口座を作成後、口座番号を大学の留学生センターに提出します。

すると提出した口座に毎月15日に奨学金が振り込まれるようになりました。その後、留学生センターに出向いて受け取りのサインを行う、というのが基本的な流れです。

必要なことは受取のサインのみで、奨学金をどのように使ったかということは特に報告の必要はありません。

 

ブログ主は初年度の8月下旬に中国に到着し、初回の奨学金振込は9月15日にありました。

初回奨学金の振込みを前に中国国内に滞在する居留許可証の申込みなどのため、数百元程度自己負担が必要な場合があります。

そのため、中国に到着する前に日本円をある程度用意しておく必要があります。

 

その後、毎月15日に奨学金の振込がされるようになりましたが、振込が遅れる時もありました。

2,3日の遅れはまだ対応できますが、夏休みや冬休みの時期など長期休暇中に奨学金の振込が一ヶ月程度遅れることがありました。

大半の留学生は長期休暇中に帰国する場合が多いため大学も問題視していないようですが、一時帰国をしない留学生にとっては大変な問題です。

 

留学生センターに奨学金の振込が遅れている旨を問い合わせても、新学期が始まるまで待て、等の指示を受けることが多いです。

生活費が足りなくなってしまった留学生は他の留学生に借りるなどという対応をしているようでした。

 

中国政府奨学金での留学中はこの生活費が唯一の収入になります。中国の一般的な大卒初任給が4000元と言われるなか、決して少なくはない額ですが、中国の物価も年々上がっているため、やはり節約してやりくりする必要があります。

留学中に免許を失効させないために~運転免許証の期間前更新~

運転免許証の期間前更新について

 

ブログ主は留学前の生活ではほぼ毎日クルマを運転していました。

 

自動車免許も18才の時に取得し既に何度かの更新を経てゴールド免許になっていました。

そして今回、留学をするにあたって不安だった事項は免許更新について。

 

ゴールド免許の場合、更新は5年に1度誕生日の前後1ヶ月に行わないといけないのですが、ブログ主の様に中国に3から4年滞在する場合はちょうどそのタイミングで帰国出来るかどうかが分かりませんでした。

 

そんな時は免許証の期間前更新をしておきましょう。

 

例として、5月10日が誕生日であり、2018年の誕生日前後1ヶ月に免許更新が控えている人の場合にそって書きます。

 

 この場合、2018年の4月11日から6月10日までが免許更新時期となっています。

しかし、実際中国でこの時期は学期内のため、一時帰国をするのが難しい場合もあります。

そのため、免許証を中国渡航前に一度更新しておくことをオススメします。

2017年8月末に渡航する予定の場合、渡航前に更新しておくことにより、ゴールド免許のであれば、更新日から次の誕生日までの期間、及びそこから更に4年後までが次の有効期間になります。

本来の更新日と比較すると有効期間が1年ほど短くなりますが、更新期間に合わせてわざわざ日本に帰国する必要がなくなるため煩わしさがありません。

 

注意点としては誕生日前に期間前更新をしてしまうと、有効期間がとても短くなってしまいます。

例えば5月10日に誕生日の人が5月9日に更新をしてしまうと、更新翌日から4年間の有効期間になってしまいます。

その場合、5月11日に更新をすることにより、翌年5月10日までの期間、及びそこから更に4年間が有効期間になります。

ここは注意が必要です。

 

 免許証の期間更新に必要な物は以下の通りです

・免許証

・パスポート

・更新費用(通常更新の費用と同額です)

※各自治体によって異なる場合があるため、事前に『県名 免許更新』などで検索して最寄りの免許センターに問い合わせをしておくことをオススメします